2019年 桜祭り・ゴールデンウィーク企画展 「褐色の美 

期間: 3月24日(日)~ 3 月31日(日) 4月28日(日)~5月5日(日)

企画展の実演時間: (10:15 ・ 12:00 ・13:45 ・ 15:15)

19世紀のヨーロッパ。アラブヤアフリカの珍しい文化や風俗は、人々に大いなる興味や関心を惹きつけました。彼らをモチーフにした作品を通して当時の世相を窺い知ることが出来ます。

「果物売り」

G・ヴィシー (1870年)

アフリカ系の男性が給仕として働いている様子が表されている。しかし、ただ果物を運んでいると思いきや.手品のごとく果物の中から次々と様々なものが現れる……

エキゾチックさと面白さを兼ね備えた逸品です。

(この作品は、実演の御要望が大変多いため、本年は、年4回の企画展全ての回で動かしてご覧戴くことに致しました。)

 

 

* オートマタは古く壊れやすいものが多いため、展示作品すべてを実演することはできません。また、実演オートマタは予定とは異なる場合もございます。ご了承下さい。

「エチオピアのハーピスト
G・ヴィシー (1870年)

つややかな黒い肌をもつ女性がハープを弾いている。肌の色に赤い衣装がよく映える。衣装は、製作年当時の古い布地を用いて、着せ替えられている。

この作品は今回が初公開です。

「水煙草を吸うムーア人
レオポール・ランベール (1890年

 

ゆったりと水煙草をくゆらす褐色の肌の男性。その珍しい風俗にヨーロッパの人たちの好奇の目が注がれていたにちがいない。

実際に煙草に火をつけ、煙が出る仕組みも興味深いものである。

 

 

 

他:「マンドリン弾き 1900年

* 当館の展示、説明においては、製作された時代的背景を考慮し、原題の用語のままの表現を使っております。

通常の実演作品

・実演時間 (約20分) 11:00 ・ (土日祝のみ13:30も) ・ 14:30 ・ 16:00

「椅子を操る道化師」 
ベルトラン (1985年)

「はしご乗り」 
ボアレット(1996年再現)

「マードュコカーニュ」 
作者 、制作年 不詳

「ジェシカおばさんのティータイム」 
JAF社(1900年頃)